サービスエンジニア 鈴木佑介

サービスエンジニアとして、お客様の工場への製品の納入やトラブル対応を担当

サービスエンジニア 鈴木佑介

現在の業務内容は?

サービスエンジニアとして、お客様の工場(IC・LCD工場)への製品の納入設置やトラブル対応を主に行っています。現在台湾のお客様を担当しており、現地代理店のスタッフと協力して作業を行います。また現場作業だけでなく、お客様のご要望の窓口になって製品の仕様を打ち合わせすることもあります。

あなたから見た
樫山工業のイメージは?

地方の中堅企業ですがアジアでのシェア、欧米への進出などパワー溢れる企業だと思います。入社して6年が経ちますが、当社グループ企業社員も倍近くに増加し、勢いを感じます。

学生時代に夢中になった事は
なんですか?

ありがちですが居酒屋のアルバイトをやっていました。人と話すこと、協力して仕事をすること、今の私の社会人としての基本はここで培ったと言ってもいいと思います。お酒もまあまあ飲めるようになりました。

当社に入社を決めた理由は
何ですか?

もともとスキー関係のウェブサイトから当社を知りました。機械系の学部出身でありスキー馬鹿だった私は、世界トップシェアを狙う真空ポンプメーカでありながらスキー場関係のビジネスを展開する当社がとても魅力的に見え、入社を決めました。

入社して感じたこと、
当社の魅力は何ですか?

サービスエンジニア 鈴木佑介真空ポンプが産業機械ということで、日常で直接影響を受ける事がないのですが、電機店などで液晶テレビやパソコンを見ると、当社真空ポンプが製造に関わっている物が非常に多くあり、当社と半導体・液晶産業のつながりを感じます。特に私はサービスエンジニアとしてお客様の工場で製品を設置・メンテナンスしているので、そのお客様(電機メーカさん)での作業の苦労を思い出しながら、担当した設備から製造された物が世の中に出回っている、と実感することができます。

当社に入って一番心に
残っているエピソードは?

台湾のある現場で作業を終えた後、帰りのバスを間違えたことがあります。いつものバス発着所・時間に乗ったつもりだったのですが、誤って数分早い逆方向のバスに乗り、そのまま眠ってしまい、間違いに気付いたのは二時間後でした。所持金も残り僅かだったため、値切り交渉をしながら数時間かけてやっとホテルに戻ることができました。楽しい思い出です。

就活中の学生へのメッセージ

当社は日本国内、アジア各国、アメリカなど、広範囲でビジネスを展開しています。理系出身ではなくてもエンジニアとして活躍されている方も大勢います。やる気と好奇心に溢れた人をお待ちしています。

サービスエンジニア 鈴木佑介